蔦箱(蔦箱)

PuTTYでセッションを切断されないようにする。

切断されないようにする。



 SSHで操作を行わずに放置していると接続を切断されてしまうことがありますが、これはサーバーが切断を行っているわけではなくブロードバンドルーターのNAT、NAPT機能が一定時間通信の無いセッションを切断するため起こるようです。
 この問題はSSHクライアント、もしくはSSHホストで一定時間間隔で無駄な通信を行いKeepAliveを継続することで解決することができます。

まずPuttyの設定画面を開きます。
puttyメニュー
接続の欄を開き、ブロードバンドルータのKeppAlive時間以下の適度な数字を設定します。
putty keepalive
この状態で適応を行えばそのセッションは無操作でもKeepAliveが継続して更新されます。ですが、今後もKeepAliveを有効にするためには設定を保存する必要があります。

セッションの欄を開き保存したいセッションを選択し保存ボタンを押します。
putty設定保存

参考資料
Puttyが勝手に切断される-woody note
NATな環境で放置したSSH接続が切断される問題について




-サイトのコンテンツ-


記事
記事とか書きます.
新記事
新しい記事.
蔦箱(ツタハコ)
トップページ
作成物
作成した物とか置きます.
その他
適当


連絡先: